カントリードリーム2012

カントリードリーム2012の内容速報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カントリードリーム2011

出演者プロフィール

■ロビー・ファルクス

 

1963年ペンシルベニア州ヨーク生まれ。ブルーグラスファンの父親の影響で、フィドル、アコースティックギターを始める。コロンビア大学に学ぶも、音楽好きで退学し、シカゴへ移住。オールドタウンフォークシーンで活躍し、スペシャルコンセンシャスというブルーグラスバンドのメンバーに。1991年までツアーを共にした。

 

永冨研二

京都生まれ。日米間の架け橋となるべく音楽活動と沸騰点を越えたカントリー音楽への情熱。終りなき道を唄い続けるシンガー。

 

テネシー・ファイブ

「哀愁・素朴・誠実」を大切に1958年に結成され、2009年には“CMA”と京都市から長年の活動に対し、表彰を受けた日本の誇るファーストクラスのカントリーグループ。

メンバー

安味勝  (フィドル)福田吉春 (ペダル・スティールギター)
鍋田雅己 (E・ベース)森田泰正 (ドラムス)
裏谷真一 (E・ギター)永冨真梨 (ボーカル)

テディ小山(バンジョー)

 

 

宮前ユキ

熊本県水前寺出身。地元熊本のプロのバンドに参加、リードヴォーカルとして、グアム、沖縄、東南アジア等の米国キャンプ、九州を中心に活動し、TIME誌のランキングで極東ナンバーワンシンガーに選ばれる。1974年デビュー、翌年、1stアルバム 『ユキ・愛を知りし時』 シングル 『お前とナッシュビル』 をリリース。コンサートのほか、テレビ、ラジオパーソナリティとしても活躍。

ラジオ日本の深夜放送番組「ミッドナイトカーボイ」パーソナリティーを担当。 現在オンエアー中

 

 

The Ma'am

2006年結成、アミューズ/ベイビーブルーレーベルからメジャーデビューした、真っ向勝負のカントリーロックバンド。
兎角誤解されがちなカントリー/アメリカーナ音楽を、いかしたオリジナル曲とテンガロンハットでこっそり伝道中。

1stアルバム『The Ma'am』。メンバーは森山公一(ボーカル、from「オセロケッツ」)、国分広年(ベース)、稲葉健二(ペダル・スチール)、松崎智 浩(ドラムス、from「オセロケッツ」)。 

 

■釆野弘和

「イースト・マウンテン・ボーイズ」「テネシーシャンティーボーイズ」を経て、現在ソロカントリーシンガーとして活動。今年3月に初ソロアルバム「ヒルビリー」を発表・若々しい歌声と、カントリークラシックを愛する姿勢と、軽妙なトークは最高。立命館大学卒業。

シン上田とトラッカーズ

カントリーソングの情景とエネルギーを確かな技術と熱い心で伝えたい!
このスピリッツとライブパフォーマンスを京都から発信し続ける期待のグループです

メンバーは

シン上田 (ボーカル、ギター)、ハニー中瀬(キーボード)、岡本タロウ(ギター)、小林誠(ベース)、じゃんぼ奥谷(マンドリン)、今納克典(ペダル・スチール)。 

 

■津田実とザ・カントリークラブ

京都の代表的カントリーバンド。学生時代に影響を受けたバック・オーエンス、レイ・プライスなどのゴールドエイジナンバーを心地よいサウンドで聴かせる。

メンバーは津田実(ギター)、柏原健夫(ペダル・スチール)、粟崎雅之(ギター)、中村英二(ベース)、伊豆栄二(ドラムス)、長田治(ギター)、林実(ギター)。

福原照晃とカウボーイ・ドリーマーズ 

 18歳から47年間以上カントリーを歌い続け、現在は西宮市夙川で自身が経営するカントリーライブハウス〈フォートワース〉を中心に演奏活動を行っている。テネシーワルツ、ジャンバラヤ等の古き良きカントリーから素朴で土の香りのするカウボーイソング、そして新しいカントリーまで数多くのカントリーの名曲を歌い続けている。

 

片山誠史

1976年神奈川県茅ヶ崎市出身。ベーシストの父の影響でカントリーを聴き育つ。14歳で、寺本圭一に影響を受け、カントリーを歌い始める。1993年ムッシュかまやつプロデュース、吉田拓郎・玉置浩二・J-WALKらのバックアップを受けデビュー。 1997〜1999年の音楽活動休止まで「The Little StraitBand」としてライブハウスやイベントに出演。2002年活動再開後は、イベント制作やラジオのパーソナリティとしても活躍。

 

永井崇

1971年愛知県出身。13歳でギターをはじめ、中学高校時代にロック、ブルース、カントリー、R&Bに親しむ。同志社大学入学後19歳の時、京都の老舗カントリーバンド「永冨研二とテネシーファイブ」に参加。日米でのコンサート、レコーディング、グランド・オール・オープリーなどに出演。3枚のアルバムに参加。1994年渡米。師匠永冨研二のサポートを受け、ナッシュビル・ベルモント大学音楽学部に留学して音楽理論、クラシックなども学ぶ。